【徹底解説】マウスガードの種類!!

今回は【マウスガードの種類】について解説していきたいと思います。

みなさん、マウスガード(スポーツ用マウスピース)にもいくつか種類があることを知っていますか??

いつも適当にスポーツ用品店に行って買ったり、とりあえず歯医者に行って作ってもらったり、マウスガードについてないも知らないまま購入していると、もしかしたらマウスガードが原因でパフォーマンスが下がってしまっているかもしれません。

今回は色々な種類のマウスガード(スポーツ用マウスピース)を紹介していきます

ストックタイプ

ストックタイプマウスガードの特徴

このマウスガードは、ただ口に入れるだけのマウスガードです。 歯にまったくフィットしていないので、口を開ければマウスガードが落ちてきます。喋ることが出来ないし、呼吸もしずらくものすごく息苦しいです。

既製品なので、サイズも限られる為、サイズが合わなければ入れる事すらできない可能性もあります。

最近はまり売っているのを見なくはなってきていますが、ネットなどで購入を考えている方は間違って購入したりしないように注意してください。

値段の相場

Amazonや楽天で500円くらいで売っています。

値段的にはこれから紹介するマウスガードの中で一番安いです。でも、一番お勧めできないマウスガードです。

ボイル&バイトタイプ

ボイル&バイトタイプの特徴

スポーツ用品店など売っていて、既製のマウスガードの中では一番使われているタイプだと思います。

このマウスガードは自分で形を作るタイプのマウスガードです。

では、どうやって形をつくるのか??

その方法は、お湯で温めてマウスガードを柔らかくして形を整えていきます。

お湯で温めて柔らかくしたマウスガードを口の中に入れ、歯に押し付けて形を整えます。 このタイプであれば、ストックタイプよりは安定がいいですが、喋りにくさや呼吸のしずらさがあり、場合によってはずっと咬んでないと落ちてくるといったケースも聞きます。

なにより、熱いお湯に入れてアツアツになったマウスガードを口に入れる事が大変で、しかも柔らかくなっているので、うまくきちんとした位置に入れる事が本当に難しいです。

値段の相場

値段は1,000~3,000円くらいが相場です。楽天やAmazonでは3個で1,000円なんて商品もありますが、決して品質のいいものではありません。

プロの選手でも使っている選手をみかけますが、競技の途中ではずれてしまったり、呼吸が出来ずパフォーマンスにも影響するので、お勧めはできません。

Amazonレビュー

実際に使われた方がどんなかんそうなのか、Amazonのレビューをみてみましょう。

レビューからも賛否はありますが、結局、子供向けにあまりコストをかけずにマウスピースを使いたいという方が多く使われている印象でした。

大人の方でも、うまく形が作れた方もいれば、やはり難しかった方もいます。

これは、慣れもあると思いますが、歯並びや顎の大きさも大きく関係があると思います。

安全面やパフォーマンス面で考えると、本気でその競技をしたい方にはあまりお勧めはできません。

カスタムメイドマウスガード

カスタムメイドマウスガードの特徴

カスタムメイドマウスガードは歯医者で型どりをして、オーダーメイドで作るマウスガード(スポーツ用マウスピース)です。

マウスガード製作所Ubuntuが提供するマウスガードはすべて、このカスタムメイドマウスガードです。

既製のものとは違い、歯医者が歯の型どりをしてから作製する為、マウスガードの適合が既製のものに比べると格段に違います。既製のものでは合わなかった人もカスタムメイドマウスガードであればどのような歯並びの選手でも対応できます。

咬み合わせの調整も可能ですし、スポーツ歯科を勉強している歯医者であれば名前やチームのロゴを入れる事が出来ます。

定期的な歯科検診を受ける意味でも、歯科医院でカスタムメイドマウスガードを製作するのはお勧めです。

値段の相場

確かにカスタムメイドマウスガードは適合など間違いなくいいものですが、値段的には既製品にくらべて、高いものでは10倍近い値段になってしまいます。

歯科医院によって違いますが、デザインなどにこだわらずに作製して、8,000円~15,000円くらいが相場となります。

でも、これはマウスガードに限ったことではなく、スーツで考えると当たり前ですよね。既製のスーツを買うのと、体のサイズを測ってオーダーメイドで作るスーツは品質も値段も何倍も違って当たり前です。

なので決して高い値段ではありません。

歯医者だからできるマウスガードの種類

実は、カスタムメイドという名前だけあって、歯医者で作るからこそできるマウスガードがあります。

それは、マウスガードの厚みの調整です。マウスガードには、総合格闘技なら総合格闘技に適した厚み、プロならプロ、アマチュアならアマチュアに適した厚みが存在します。

詳しく解説すると、総合格闘技で使うマウスガードは殴られたり、蹴られたりした時に前歯が折れたり抜けたりしないように外傷予防を目的に作られた、前歯の部分の厚みがしっかり確保された、マウスガードを作製します。

しかし、筋トレの時に使うマウスガードはどうでしょうか?

筋トレの時に前歯に外傷が起こることはほほありません。筋トレに使うマウスガードは強い噛みしめによって、歯が欠けたり割れたりしないようにする事を目的に作られたものを作製します。つまり、前歯の部分の厚みは必要ないのです。

このように、競技や競技をする人のレベルに合わせて厚みや設計を変えてあげることができるのが、カスタムメイドマウスガードの特徴です。

また、このような知識やテクニックをもった歯医者を探すには、日本スポーツ歯科医学会という学会から認定された歯医者や歯科技工士のいる歯科医院を受診するといいかもしれません。

まとめ

今回は、マウスピース(マウスガード)の種類について書きました。

単純にコストだけを考えれば、既製品のマウスピース(マウスガード)を使用するのが一番安いです。

しかし、安全性や競技パフォーマンスの事を考えると、歯科医院で作るカスタムメイドマウスガードを使用する事をお勧めします。

これからマウスピース(マウスガード)の製作、購入を考えている方は是非、参考にしてください。

マウスガード製作所Ubuntu


マウスガード製作所Ubuntuでは
世界に羽ばたく選手を歯科の立場から応援しています。

公式LINEアカウントにて、お勧めの歯科グッズなどの情報を配信します。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました