マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正ってよく聞くけど本当にいいのかな、、、、

結構こんな風に悩んでる方も多いんじゃないでしょうか??

今回は【マウスピース矯正のメリットとデメリット】について書いていきます。

マウスピース矯正とは?

まずはマウスピース矯正についてですが、文字の通りマウスピースを使って歯を動かす矯正治療の事です。

マウスピース矯正についてはこちらの記事に書いてるので、まずマウスピース矯正についてはこちらを読んで下さい。



マウスピース矯正のメリット

目立たない

マウスピース矯正の場合、矯正してるかどうか普通の人ではわからないくらい目立つことなく矯正治療を受ける事ができます。

一般的に矯正というと歯の表面にワイヤーを付けてする矯正を思いつく人が多いと思います。

子供の場合は、ワイヤーが見えていても気にする人は少ないと思いますが、社会人の方はやはり見た目を気にされる方が多いです。

マウスピース矯正は透明の薄いマウスピースを使って矯正治療を行うので、他人に気づかれる事はほとんどありません。

食事の制限がない

マウスピース矯正中は矯正中も食事の制限なく、好きな物を食べる事ができます。

ワイヤー矯正中は、矯正装置の脱離や矯正装置の間に物が詰まったりする為に、硬い物は控えてもらったり、装置の間に詰まりやすい物を控えなければいけなかったりします。

マウスピース矯正では、食事中はマウスピースを外して普段通り食事が出来るので、食事の制限をせず、好きな物を美味しく食べる事ができます。

虫歯になりにくい

ワイヤー矯正の場合、複雑な装置を歯の表面に付ける為、歯ブラシが難しく装置の間に汚れが残ってしまい虫歯になってしまうケースが多いです。

マウスピース矯正の場合、取り外しが可能なので歯磨きも普段通り行う事ができます。

症例によっては歯の表面にボッチのような物を取り付けるケースもありますが、ワイヤー矯正ほど複雑な形ではないので、ブラッシングも簡単に行えるので、虫歯や歯周病になりにくいといえます。

口内炎ができない

これはワイヤー矯正を経験された方にしかわからない事かもしれませんが、ワイヤー矯正の場合、歯の外側にワイヤーや装置を付けるので矯正装置が原因で頬っぺたを傷つけてしまい、口内炎になってしまうケースがあります。

マウスピース矯正の場合、複雑な装置を使用しないので矯正装置が原因で頬っぺたを傷つけてしまう事がない為、矯正が原因で口内炎になることがありません。

金属アレルギーでも安心

マウスピース矯正は金属を一切使わず、プラスチックのマウスピースを使って矯正治療を行うので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して矯正治療を受けることが出来ます。

アスリートにお勧め

マウスピース矯正の場合、歯の外側に複雑な矯正装置を使わないので、スポーツをしている人にも安心して矯正治療を受けてもらうことができます。プレー中もマウスピース矯正に使うマウスピースは薄いのでマウスピースを着けたままプレーをすることも可能です。

ワイヤー矯正の場合、歯の外側に矯正装置を取り付ける為、相手との接触が起きてしまった時に、矯正装置が頬っぺたに当たって頬っぺたを大きく傷つけてしまう可能性があります。

反対に、接触してきた相手の頭が矯正装置の付いた歯に当たって相手を傷つけてしまったというケースも報告されています。ワイヤー矯正をしながら競技を行う事は、ケガのリスクがある事を十分に考えて行いましょう。



マウスピース矯正のデメリット

症例が限られる

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べると新しい矯正治療の方法で、マウスピース矯正で治療ができる症例がまだまだ限られてしまいます。

歯の移動量が多い出っ歯の症例受け口(反対咬合)の症例顎のズレや骨格的に問題がある症例ではマウスピース矯正での治療が難しい事があります。

マウスピース矯正が可能な場合でも、ワイヤー矯正を一部併用することもあります。

自分がマウスピース矯正が可能かどうか、まずはカウンセリングを受けて歯科医師と相談して下さい。

長時間の使用が条件

マウスピース矯正の場合、マウスピースを入れてないと歯は動きません。

マウスピース矯正の種類にもよりますが、マウスピースの装着時間は1日20時間以上で、基本的に食事以外の時はマウスピースを着けておく必要があります。

慣れてしまえば全然問題なく日常生活を送る事ができますが、慣れるまで少しストレスを感じるかもしれません。

矯正中の虫歯は命取り

矯正中に虫歯になってしまって治療を受けると、マウスピースが入らなくなってしまう可能性があります。

治療をすると、少なからず歯の形が変わるので、マウスピースの適合が悪くなってしまって十分な矯正の効果が得られなくなってしまいます。

まずは、虫歯にならないように気を付けることと、虫歯になってしまって治療を受ける場合は、歯科医師に相談をしてください。治療を受ける場合は、治療後にマウスピースを作り直す必要がある事も覚えておきましょう。

紛失の可能性

マウスピース矯正は取り外しが出来るので、外した時に紛失してしまう可能性があります。

これは、完全に口の中で固定してしまうワイヤー矯正では絶対に起こらないことです。

紛失してしまうと、なくしてしまってから歯医者に行ってマウスピースが出来上がるまでの間、矯正治療が出来ないことになってしまいます。

よくあるのパターンは食事の時にマウスピースを外して、ティッシュに包んでたら家族がごみと間違って捨ててしまったというパターンです。



マウスガード製作所Ubuntu


マウスガード製作所Ubuntuでは
世界に羽ばたく選手を歯科の立場から応援しています。

公式LINEアカウントにて、お勧めの歯科グッズなどの情報を配信します。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました