【注意!】マウスピース歯科矯正のサブスクが危険な3つ理由

歯科業界にまたしても 怪しい 新しいビジネスが登場しました。

以前、記事にした【セルフホワイトニング】【セルフで型どりを行って作るマウスガード(スポーツ用マウスピース)】は、本来、人の口の中を触る資格のない人が、「希望する人が自分でやりました。」という法律的にかなりグレーなゾーンを攻めるビジネスとして、街中に流行しました。

しかし、今回の【マウスピース矯正のサブスク】はこの2つの比にならないくらい危険なビジネスです!!

今回は【マウスピース歯科矯正のサブスクが危険な3つ理由】について書いていきたいと思います。



マウスピース歯科矯正のサブスクとは?

サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。「サブスク」とも略される。

Wikipedia

マウスピース歯科矯正の場合、月々一定額を支払う事で、新しいマウスピースが送られてきて送られてきたマウスピースを装着する事で矯正治療が行えるサービスのようです。

マウスピース矯正のサブスクでは格安でマウスピース矯正ができて、LINEなどのサービスを使って相談や治療についての説明を受け付けるので歯科医院に行く必要もなくて、家でできる歯科矯正として売り出しています。歯科矯正に加えてホワイトニングもできると付加価値をつけているところもあります。

このサービスの先駆けとなったのがアメリカで展開されているCandidというサービスがあります。

アメリカでは広く実店舗の展開もしており、資金調達にも成功しているようです。

絶好調の歯列矯正スタートアップCandidが再び資金調達

マウスピース矯正のサブスクが危険な3つの理由

Designed by drobotdean / Freepik

マウスピース矯正のサブスクはその値段の安さと来院しなくていいという手軽さから魅力を感じる人も多いかと思いますが、多くの危険が潜んでいます。

実際に日本矯正歯科学会も歯科医師を介さないインターネットを通じたマウスピース矯正の危険性について見解をHPに発表しています。

1) インターネット上で、歯科医師が介在しない形でマウスピース型製品が販売され、歯列の改善への有効性を謳うケースが出てきています。矯正歯科治療は、正確な診断や精密な治療計画に立脚して行われるべき医療行為であり、誤ったマウスピース型製品の使用は予期せぬ大きな問題を引き起こす可能性があります。患者自身の独自の判断これらの製品を使用し歯の移動を行うことは、歯科医学的にも非常に危険であるため絶対に避けてください。

公益社団法人 日本矯正歯科学会 ポジションステートメント マウスピース型矯正装置による治療に関する見解

全文はこちら

学会も発表しているように、マウスピース矯正のサブスクは非常に危険です。今回は一部になると思いますが具体的に【マウスピース矯正のサブスクの危険性】について書いていきます。

危険① 歯科医師の診断が必要不可欠

サブスクの中には ”来院不要” のものもあるようですが、これは本当に危険ですし、トラブルの元になります。

一般的に、矯正治療を始める場合は、顎全体のレントゲン写真(パノラマレントゲン)顔を横から撮るレントゲン(セファログラム)を撮影し、歯科医師が今の歯並びが何が原因で悪くなっているかを診断してから矯正の方法を提案し、矯正治療を行います。

このような診断を行わずに、模型のみや写真のみで矯正が可能かどうかを判断するのは非常に危険です。

特にマウスピース矯正の場合は、専門医が治療する場合でも矯正が可能な症例は限られます。

マウスピース矯正での歯の移動については論文でも発表されており

Most of the tooth movements may not be predictable enough with clear aligner therapy except for minor horizontal teeth movement (moderate level of evidence).

(わずかな水平方向の歯の移動を除いて、マウスピース矯正での歯の移動は十分に予想できない事がある。(中程度のエビデンス))

Effectiveness of clear aligner therapy for orthodontic treatment:A systematic review

このようにわずかな水平的な歯の移動についてはマウスピース矯正で対応が可能であるが、その他の歯の移動については予測する事が難しいというのが現在のマウスピース矯正です。

これを、スマホの画像や模型だけで診断する事は非常に危険で、思い通りにならない!咬み合わせがおかしくなった!などのトラブルが起こる事は簡単に想像ができます。



危険② セルフで型どりは困難

マウスピース矯正のサブスクでは、申し込みをすると自宅に歯の型どり用のキットが送られてきて、自分で型どりをしてその型を使ってマウスピースを作成するシステムですが、ご自身で精密な型どりを行うのは不可能です。

ほとんどのサービスで、2色の粘土のような材料を混ぜ合わせてトレーに盛り、型どりをするシステムです。これはシリコン印象と呼ばれる材料で、実際の歯科医院でも使う材料ですが、歯科医院で使う場合、この素材を単独で使う事はなく、より精密な型どりを行う為の大雑把な歯の型どりを行う為に使う材料です。

シリコン印象は特徴として、型どり後の変形が少ないので、輸送中に変形が起こるリスクはありません。

しかし、固まるととても硬くなるのでグラグラしている歯があったり、ブリッジのような被せ物がしてあった場合は、シリコン印象を歯から外す時に被せ物や歯が一緒に取れてしまう危険があります。

綺麗な歯並びの場合は、型どりも比較的簡単なケースが多いですが、矯正を必要とするような歯並びの場合、きれいに型どりをするのは非常に困難です。

型どりが悪ければ、きちんとしたマウスピースが作れず理想的な効果が得られない可能性があります。

危険③ マウスピース矯正の不確実さ

マウスピース矯正が広く一般的になってきてはいるものの、未だに症例によってはマウスピース矯正ではなく、ワイヤーを使った矯正でないと治療ができないような症例もたくさんあります。

そして、マウスピースによる歯の移動についても未だに確立されていないのが現状です。これは論文でも発表されていて

Most of the tooth movements may not be predictable enough to be accomplished with only one set of trays with clear aligners despite the recent advances in technology.

(最近の技術の進歩に関わらず、ほとんどの歯の動きはマウスピース矯正では十分に予測することはできない。)

Effectiveness of clear aligner therapy for orthodontic treatment:A systematic review

英語の訳が間違ったらすみません(笑)

マウスピースを使った矯正ではどのように歯が動くのかを十分に予測することが難しいとされています。これが理由で一般的に歯医者で行うマウスピース矯正の場合は、1~2か月に1回来院してもらってシュミレーション通り歯が動いているか確認する必要があります。

サブスクの場合は、この確認作業がなく、シュミレーション通りに歯が動いていることを前提に定期的にマウスピースが送られて来る為、歯が十分に動いていないのに次のステップのマウスピースを着けてしまうと想定以上の力が加わり歯の神経が死んでしまう危険があります。

このような状態で、サブスク矯正を続けていると「自分が思っていたのと違った。」「咬み合わせがおかしくなって咬めなくなった。」というトラブルが必ず起こります。

最終的には「提携している歯科医院に行ってください。そこでの矯正の治療費は割引になります。」と責任の所在がまったくわからない事になってしまいます。せっかく安いからサブスクを選んだのにうまくいかなくて結局、歯科医院で矯正をしないといけなくなるのであれば、絶対に最初から歯科医院できちんとした矯正治療を行うべきです。

マウスピース矯正のサブスクでのトラブル

Designed by drobotdean / Freepik

実際にマウスピース矯正のサブスクでどのようなトラブルが起きているのか紹介します。

アメリカで流行しているCandidで実際に利用者からよせられてるトラブルをいくつか挙げていきます。このようなトラブルは日本のサービスでも十分に起こる事があると思っておいてください。

マウスピースが届かない

I paid $2,250 for a product that was never received. The company provided tracking information only to find that they had sent the product to their Miami store (which is closed due to Covid-19). When I asked the rep two months ago to send to my home address, they sent to some address in New York City, according to the tracking information (I don’t live in NYC and never provided them with a NYC address). I was told 8 weeks ago that there was a series of “errors and unfortunate issues” that caused the delivery issues and that I would receive the product in one to two weeks. I was patient but after an additional 7 weeks passed, I called (today) and was told the same script – problems on their end….two weeks delivery. I told them that I have lost confidence in their operation as I have been given false, scripted information and requested a refund. The rep called me back and said that they could offer a 10% discount. I am not looking to negotiate. I just want my money back so that I can go to a more reputable company.

Better Business Bureau
【要約】お金は払ったのにマウスピースが届かなくて、問い合わせると荷物が全然違う所に行っていたので返金を要求したが返金してもらえなかった。

日本は運送業者のシステムもしっかりしているので、あまり荷物の紛失などもないと思いますが、郵送での取引だけにこのように荷物が届かないといったトラブルはどうしても付きまといそうです。

サブスクのシステムをとっている以上は、荷物の到着が遅れれば治療期間が延びることになるので余分な費用がかかってしまったなどのクレームも増えてくるかもしれないですね。



仕上がりに満足いかない

In July of 2019 I began the process of working with Candid for orthodontic aligners. Throughout the process I have had concerns over fit and have made countless attempts to resolve my concerns to no avail. I have been continually mislead by representatives and supervisors regarding what they require i.e. photos and more photos and impressions and more impressions to readjust and achieve a desired outcome. I have spoken to countless people via phone, chat and email and I am no closer to finalizing treatment and an acceptable result. This company is misleading as to their use of orthodontist, their treatment plans and follow-up and patient satisfaction. I received 8 sets of aligners and have followed every step to the exact recommendations, have on many occasions alerted them to the problems I am having and still do not have any resolution. Something that they said should take 16 weeks has taken 10 months and counting. Candid has not fulfilled their agreement and I am no longer willing to play their game of – we will fix this we just need …. I would like my money refunded in full.

Better Business Bureau
【要約】送られてきたマウスピースの適合が微妙だと感じたので、問い合わせをして写真もたくさん送って指示通りにマウスピースを使ったのに自分が思っていた仕上がりと全然違うしマウスピースを使用する期間も全然違うので返金をして欲しい。

簡単に想像が出来そうでこれからたくさん出てきそうなトラブルですね。やはり、写真だけのやり取りで矯正治療を行うこと自体に問題が無理があります。

このような返金を求められてるケースに対してCandid側の対応は

Return and Refund Policy:
 “Once you accept your treatment plan, we will begin producing your custom aligners, and a refund will no longer be available”. 

Better Business Bureau
【要約】治療計画を承認すると、あなた用にカスタムされたマウスピースの製造が開始され、払い戻しは利用できなくなります。

シュミレーションが送られてきて「これでお願いします。」と治療を始めた時点で返金は出来ませんというシステムのようですね。これは契約の時点できちんと確認しておく必要があります。

咬み合わせがおかしくなった

While nearing the end of my treatment, i noticed my bite was off however i feel that candid did little to adjust until treatment was over, they recommended i wear the final stage for an extended period to allow my teeth to “settle”, i have been done with treatment for two months at this point and have been wearing the same aligner site and i’m assuming that there will still be significant time needed to complete refinement based off of others comments, and it does not seem that anyone who has required refinement is satisfied with the outcome when candid states that their treatment can no improve the alignment because it is optimized. Since my treatment has been completed, i am unable to entirely close my teeth and my front two top teeth contact only two of my bottom teeth and none of my molars have any contact with eachother. If i bite down too hard it is extremely painful, and i have begun to wear down my front right tooth because of the misalignment which i feel is permanent damage to the tooth. This has also caused me to naturally favor that side of my mouth and I’ve noticed that I’ve begun talking with a lisp and out of the side of my mouth, which is unnatural and only a result of using their product.

Better Business Bureau
【要約】矯正の終わりが近づいてきた時に咬み合わせがおかしいことに気づいて、連絡をしたら、最後に届けたマウスピースをしばらく使っておいてくれといわれた。しかし、矯正が終わると歯が咬み合わなくなってしまった。前歯2本しか当たってなくて、奥歯がまったく咬み合わない状態になってしまった。それが原因で前歯には痛みが出てきて歯も擦り減ってきてしまった。

これがサブスク矯正の一番怖いトラブルです。

歯科医師の確認なしに矯正が進んでしまう事で最終的に噛む事が出来なくなったり、それが原因で健康な歯に痛みが出てしまう危険があります。

このようなケースでも、最終的に『連携している歯科医院を割引価格で紹介するので行ってください。』と言われて終わりです。

最悪、矯正が原因で自分の歯を失ってしまう事になりかねないので絶対にこのようなサービスは使わないようにしましょう

マウスガード製作所Ubuntu


マウスガード製作所Ubuntuでは
世界に羽ばたく選手を歯科の立場から応援しています。

公式LINEアカウントにて、お勧めの歯科グッズなどの情報を配信します。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました