日本スポーツ歯科医学会認定医が作製

MG製作所Ubuntuでは日本スポーツ歯科医学会認定医が型どりから作製、調整まで責任を持って行います。

日本スポーツ歯科医学会はスポーツ歯科医学を専門とする学会で、マウスガードやフェイスガードの作製を含むアスリートの歯科的サポートについて、研究・発表が行われている学会です。

学会の会員の中でも、一定以上の症例数と認定医試験に合格した歯科医師のみが日本スポーツ歯科医学会認定医として認められます。

また、MG製作所Ubuntuのマウスガードすべてを作製する代表は日本スポーツ歯科医学会認定マウスガードテクニカルインストラクター(MGTI)の資格も保有しています。

MGTIは学会がマウスガードの作製における作製技工能力が優れていると認めた歯科医師と歯科技工士が取得可能な認定資格です。

全国的にも認定医とMGTIの資格を両方持っている歯科医師は少なく、知識・技術共に高いレベルでマウスガードを1つ1つ作製します。

PAGE TOP